ねこきのこの頭の中

タカラヅカと文具と映画と本などの私の好きなものについてつらつらと。

劇場 又吉直樹著

f:id:eureka5489:20170805192037j:image

本読んで声出して泣いたの久しぶり。セリフとかめっちゃリアルで入り込みすぎた。愛してるが故に甘えて2人でダメになる…依存ですね。恋愛なんて依存の塊なんだなと思った。永田の超絶ヒモ気質とか沙希のそれを許し続けるダメ男好きの女性とかほんとに読んでて不快なんだけど、めっちゃ共感してしまう。読書史上最高に最低なヒモ男だったな。気持ち悪いくらいナルシストですべて自分の思い通りと思ってて好きな人も自然と傷つける。沙希ちゃんが壊れていく様とかもうマジでやばい。間近で永田は壊れゆく様を見てるのに、何も出来ず余計困らせることする辺りまじ最低。でもそんな主人公を愛してしまうのは又吉先生の技術なのかね。あたしが思うにたぶん又吉の経験を書いたのではないと思う。一般的な下積み時代の男と女の話を盛って又吉スパイスかけて書いたんじゃないかな。火花からのこの成長ぶりにめちゃくちゃ驚いたし、これからの作品もめちゃくちゃ楽しみ。上からものを言うようだけど、本当に驚いた。大好きです、この本。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村